士業ドットコムメンバーが裁判員制度について考えます。

平成21年5月21日から、裁判員制度がスタートしました。

「もしも自分が裁判員に選ばれたら・・・」

をテーマに、士業ドットコムのメンバーや、その周辺の方々の意見をいただいています。

なお、弁護士と司法書士については、裁判員に選定されることがないため、意見をいただいておりません。

また、各意見については匿名での掲載にさせていただいております。


もしも自分が裁判員になったら

至極、面倒である。

量刑の加減は、法律で決まっているのだから、自分の経歴とその場の気分で、上下に振れる割合が職業裁判官と変わるだけで、判決の予想がつきにくいだけであろう。

ただ、私も含めて、一般の市民は、その姿をさらしての意見表明には、意外なほどの真面目さを発揮するものであるから、裁判官よりは偏りがなく、中庸に落ち着くかもしれない。

それと、私が期待するのは、各層の市民と裁判官が接することによって、裁判官の意識が変わり、市民感覚の理解が進むことである。

裁判員制度に関する不安

今年(平成21年)5月21日にスタートし、現在(同年9月)既に数件の裁判が実施されている。
一般人の立場から、不安に感じる点を書いてみます。

まず一番の不安は、裁判員として裁判に参加し、判決を下したときに、被告からの逆恨みの対象にならないか?という点です。
裁判員法では裁判員の氏名の漏出を禁じているそうだが、顔貌の視認により裁判員を特定されるおそれはある。

暴力団関係者以外にも、地元の有力者の関係者であったり、社会的につながりのある方(例えば取引先の企業)の関係者であったりする場合に、文字通りの報復以外にも、社会的な報復の恐れがないのかどうか、とても心配です。

それから、守秘義務に関する不安です。
罰則が、「6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金」となっていますが、裁判の内容によっては、マスコミ関係者に言葉巧みにインタビューを受けて、果たして素人の私が、うっかりしゃべってしまわないかと不安になります。
また、守秘義務を負うべき事柄を一生、自分の中に閉じ込めておくことが苦痛の方もいるのではないかと思います。

それに、どこまでがしゃべっていいのか、どこからがしゃべっていけないのかが、いくら調べても分かりにくく、判断できません。

最後に、一番恐れているのは、「誤判」です。
自分が、裁判員として担当した裁判の判決が、誤っていた場合に、たいへんな罪悪感に苛まれるのではないかという不安です。
また、合理的な理由によって死刑判決に賛成した場合であっても、将来にわたり罪悪感に見舞われ一般生活に支障をきたす方もいるのではないかと思います。

裁判員制度が定着するまでには、さまざまな問題点の解消が必要に思われますが、「一般人の感覚を裁判に反映させる」という主旨には賛同しています。

一般人が、安心して、正しい判断ができるような裁判員制度の整備を望んでいます。

裁判員制度に思う。

神戸で裁判員裁判が行われ、以下のようなニュース記事があった。

全国4件目の裁判員裁判で、神戸地裁(東尾龍一裁判長)は9日、父親(74)を灰皿で殴って殺そうとしたとして殺人未遂罪に問われた無職砂野政雄被告(40)に懲役3年、保護観察付き執行猶予4年の判決を言い渡した。求刑は懲役5年。執行猶予付きの判決は裁判員裁判で初めて。
 判決は量刑理由で「刑務所に収容された場合、被害者や子らの打撃は大きく、避けるのが望ましい」とした。
 裁判員、補充裁判員を務めた8人全員が記者会見し、判決について「自信がある」「十分話し合って下した」と語った。
 判決は、失業や借金を理由に無理心中を思いついた点を「身勝手で短絡的」と非難する一方、強い殺意があったとの検察側主張を退け、父親は10日間の軽傷で被告は反省していると指摘した。
私は、裁判所で司法委員も勤めているので、民事関係の裁判も法廷で見ているので、裁判員裁判には少なからず関心がある。

裁判員裁判は刑事事件を扱うため、一般人が関与するのは大部分の裁判員が初めての経験だと思う。
量刑は検察側と弁護側の主張のどこかに着地点を見出すことになるのであるが、今までのところ、量刑は従来の検察側主張の約70%〜80%程度と言ったところが、検察側の主張に近い形で判決がなされている。
したがって、いままでより厳しい結果となっている。
しかし、これが民間人の考え方なのかもしれない。

今回の神戸地裁の判決は、全国で始めて執行猶予がついたが、被害者の父親が全治10日間程度の怪我で済んでいる事、また被害者である父親自身が厳しい量刑を望んでいないと法廷で発言したことなどが大きく影響していると思う。

ガラス製の灰皿で、寝ている被害者を殴ったことで、殺人未遂になっている。
被害者が起きていたら、殺人未遂にならず、傷害罪になっていたのだろうか。

素人の私には分からないが、これで殺人未遂になるのだろうか。
殺意を持って、殴ったからなのだろうか。
違和感を感じるのは私だけなのだろうか。

それにしても、裁判官の常日頃の精神的にきつい仕事には、頭が下がる。
人を裁くのが仕事であるとは言え、自分の判断で他人の人生を変えてしまうことすらある。
自ら選んだ道とはいえ、苦しい決断の連続なのではないかと裁判員の方たちも感じたに違いないと思う。

裁判員制度について考える2

結構多くの方が裁判員に選ばれたくないといったような話を聞いたり新聞に載っていたりしますが、私は是非とも一度はやってみたいと思っています。

この8月3日に初の裁判員裁判の初公判が開かれました。

日本初の裁判で検察の求刑に近い判決が出て、私自身は当然それくらいかなという感じがしましたが、法曹関係の方々は少し重いように感じられたようでした。

今までは過去の判例を考慮し判決を下し、画一的なように感じてました。が、最近、神戸地裁で息子が父親の殺人未遂で起訴された裁判があり、この判決は保護観察付の執行猶予になりました。

他にもいくつか判決が出てきて、それらをみてみると、判決が一般の人たちの感覚にすごく近づいてきたような気がしてきて最近は裁判を身近に感じられようになってきました。


私は今まで何故、殺人を犯した人間が死刑にならないのかすごく疑問でした。
確かに冤罪事件のように本人が犯行を否認しているにもかかわらず犯人にでっちあげられている場合もあるし、またすごく込み入った理由があって殺人等を犯した人もいるとは思いますのでので、そのような場合はもっと突っ込んだ議論をして真実を導く必要があると思いますが、本人が犯行を認めているにもかかわらず、殺した人数によって刑が決まるというのは普通に考えて私は納得できません。

死刑に反対する人たちがいて、犯人にも人権があるというのは頭ではわかりますが、もし、自分が被害者の家族の立場に立って、なお、同じことが言えるのかなぁと考えたりします。

また、精神に障害のある人は犯罪を犯しても罪に問えないこととなっています。確かに精神に障害を持つ人の中には善悪の区別もつかない人がいることは間違いないので刑罰を科すことは難しいのだと思いますが、被害者になったら運が悪かったですまされるのでしょうか?このことに関しても警察は犯罪を犯さない限り何もしてくれません。逆に加害者になってからでは遅いと思います。障害を持つ人の苦労も知っておりますので差別するつもりもありません。

また、自分より弱い婦女子を狙う卑劣な犯罪や自分より弱い者たちへの暴力事件に関しては厳罰が必要なのではないかと考えます。

でも本当に人が人を裁くのは難しいことだと思います。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。